このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Blog

「Monochrome」超個人的全曲解説

2016年11月 別府スパビーチ

 

前作フル・アルバムを夏にリリースして4ヶ月という短い間隔でこうしてミニ・アルバムをリリースすることができた。

 

「命題」をリリースする段階でぼんやりと、冬にこの曲たちを出したいな、と思っていた。まず、その自分の中での構想が実現化したことが嬉しい。
このリリース直後のタイミングで改めて、ここ全曲解説を記載したいと思う。(クリスマスイヴに!)


UICZ-4380

「Monochrome」

これを読みながら新譜「Monochrome」を聴くと、より近くに感じてもらう事ができると思う。

 

言っとくけど、長いよ?

よし、いこう。

 


【#1 青い道】

以前よりライブでやっていた「青い道」をやっと音源化することができた。結果的に今回のリード曲となった。

 

ひとつ前置きしておくと、去年出したライブDVDの特典にこの曲の弾き語りVer.が収録されている。この曲は2年と少し前にできた曲だ。
それから何度もアレンジをくり返し、何度も歌詞を書き換えた。作ったばかりの頃は「はじまり」しかなかった同曲に、「終わり」を付け、曲として完結させることが出来たので、音源化しようと思った。

 

それまでは曲の物語は、2番までしかなかった。それに3番が追加された。

 

歌詞で言うと、1番の「あてもなく歩いてた 探しものは なんだっけ」から、
3番の「あてもなく歩いてた 探しものは見つかった」と終わりをつけることができた。

 
「どんなことが起こっても、音楽を続ける限り、そして生きている限り、道は途絶えない」

そんな思いを込めて、アルバムのオープニングである一曲目に選んだ。
この曲ができたのは約2年前と先ほど書いたが、ちょうどこの曲を書いた直後くらいに母が旅立った。

 

ライブDVDに収録されている地元での弾き語り映像は、実は母親の初盆で別府へ帰省した際に撮ってもらったものだった。

2015年、8月のことだ。

 

その頃はまだあまり実感がなく、ただ鈍痛がずっとあるような感覚だった。小さい頃からの街並みを見るだけで鈍痛が走った。

 

そして、今回のミュージックビデオは母親の三回忌を兼ねて帰省した際に撮影してもらった。

 

あの時は笑えなかったことが、笑える。
あの時は1人で演奏していたものが、今回は4人で演奏している。

 

そんな前作からの続きとなっていて、巡り巡って全ての物事が繋がっていて、意味を持って、できあがった1曲です。

 

 

 


【#2 Tokyo Submarine】

前作「命題」に収録されていた「Tokyo Submarine」。大分から上京して、東京に住んで早5年。そんな中で感じる思いを書いた一曲。これと【Loser】については前回の解説でも書いたので割愛。

ただ、再録というのは初めてのことだったので、色々と面白かったし、分かったこともあった。再録した2曲を総じて前作に比べて、よりクリアに仕上がった。

 


【#3 Loser】

こちらも前作「命題」に収録されていた曲を再録音。前作に比べて、よりメロディラインの輪郭をはっきり立たせるアレンジに。

具体的に言うと、サビのコーラスを前作よりも増やして、いかにメロディラインを目立たせることができるかに挑戦した一曲です。

 


【#4 Make A Girl】

こちらはライブの定番曲を初音源化。

今までのDroogにはなかった曲調だけど、どこか切なさを感じさせる曲に仕上がったと思う。

この曲を書いているときは、自分の周りで暗い出来事ばかりで(まさに2年前くらい!)、まるで出口のない迷路に迷い込んだかのようだった。もう駄目だと思った。

 

でも、突然こんな曲ができた。無意識に。

 

これは、今思うになんだけど、そんな状態だからこそ今、自分が作る曲だけはせめて暗くない歌にしたい、と思って書いたんだと思う。

タイトルの「Make A Girl」は造語。
本場の人に聞いたら、意味はめちゃくちゃって言われたけど、どうしてもこの響きが気に入っていたので変えなかった。

 
意味は…

想像してみてね。

 

 


【#5 Rita】

「冬」、そして今回のアルバムカラーである「青」をテーマに制作された曲。

実は別府に住んでいる頃に悩んだ時によく行っていた近くの海を、思い出して書いた。

それともうひとつのテーマとして、八木重吉という詩人に「雨があがるように しずかに死んでゆこう」という一節があり、その言葉に影響を受けた。

これは解釈するに、雨が降り出したときはみんな気付くけど、あがる瞬間っていつの間にかあがってて気付かない、といった“静”の表現。

 

そんな“静かな終わり”というのをイメージした。サビの曲調がズチャズチャと軽快で明るいから(これもDroog初挑戦のリズム!)、歌詞は真逆をいきたいと思ったのがキッカケ。

 


【#6 Monochrome】

このアルバムのタイトルにもなった一曲です。母親の死の直後にこの歌を書いた。

タイトルの「モノクローム」の由来は「モノクローム」=「白と黒」=「骨と血」。

 

母親から受け継いだもの、ということ。
前回のブログでもふれたけど、アルバム全曲を通して、テーマカラーは「青」。だけど、自分の中にあるイメージは「ただの青」ではなかった。ずっと思い描いていた青は「白黒の上に乗っかった青」。

 

なのでタイトルを「モノクローム」とした。またの名を、「骨と血」。
このアルバムは、母が亡くなった頃に書かれた曲が収録されていて、前作「命題」よりも時系列的に前のストーリーだ。

 

全てのことが巡り巡って、繋がっている。
いや、繋がってきた。と言った方が正しいのかもしれない。
そして、これはまわりの人が助けてくれて、繋げていってくれているというのもある。

 

ひとりだったらとっくに途切れてたものを、たくさんの人が繋ぎとめてくれて、ここまできている。

 

それを途切れさせないように。

「Monochrome」=「骨と血」

 

まるで涙のような一枚ができました。

 


「Monochrome」
1人でも多くの人に届くことを願って。
2016年12月24日(クリスマスイヴに)
カタヤマヒロキ

 

 

生きている 風ひとつ

2015年8月

寒くなると家から出たくなくなる。

用事がある時以外は家に籠っている。家では料理はしないが、酒だけ沢山買い込んで家に籠る。この時期は焼酎のお湯割りが合う。大分出身なのでやっぱり麦焼酎が落ち着く。

オモチャの鍵盤を通販で買って遊ぶ。ピッポッペー。ポッポップー。そしてDVDを借りてきて観る。とうとうスターウォーズに手を出してしまった。一気に観る。映画を見てウォー!と叫んだのは久し振りだった。

 


 

前作「命題」をリリースして、4ヶ月。色々なことが起こって、色々なことが進んでいく。今月に新譜をリリースする。「モノクローム」という通算4枚目となるミニ・アルバムだ。

このアルバムについて、全曲解説はまたの機会に書こうと思う。

 

ただ、今言えるのはこのアルバムは「命題」より時系列的に“前”の作品、と言うこと。「モノクローム」はスターウォーズで言うと、エピソード1〜3で、「命題」が4〜6なのだ。

言わば、命題より前に出来ていた曲だけど、「命題」の時はアルバムの色に合わずに収録しなかった曲、そして今後シングルとして出そうと企んでいた曲が今作「モノクローム」に収録されている、と言うこと。

 

そして、全曲通してテーマカラーは青。曲にも絶対に“色”が存在すると思う。

 

ただ、自分の中で「ただの青」ではなかった。考えた時に「白黒の上に乗っかった青」だった。だから、タイトルはモノクロームと名付けた。続きはまた近々公開されるMVのタイミングにでも書く。

 

Droog アー写


早く、届いて欲しいと願う。
もう今年も終わる。

いよいよ、また師走の慌ただしい季節がやってきた。これからクリスマスやら、年末やらで街が騒がしくなる。
そんな中、きっと俺は例によって家に籠って麦焼酎のお湯割りを飲む。人によって何が幸せかと考えては、答えの出ないまま眠りにつく。ただ、ひとつの言えるのは、この作品がひとりでも多くの人に届いてくれれば、それ以上の幸せは、ない。クリスマスプレゼントはいらない。いや、ちょっと欲しいけど。やっぱり、いらない。

 

ちょっとした悲しい事や、ちょっとした嬉しい事。

ちょっとした怖い事や、ちょっとした安心する事。

ちょっとした腹立たしい事や、ちょっとした幸せな事。

 

日々それの連続で、「生きている」と実感する。

2016年11月

 

 

カタヤマヒロキ

 

 

追伸:2年前に出してもらったフリーペーパーの第2弾が完成したよ。この2年間に何があったかというのを話してます。もし、あなたの近くにあったら手に取ってみて下さい。

フリーペーパー

 

 

たとえ 呼吸が止まっても

ぐるぐると 一台のバンドワゴンで日本各地を周っている。

 

「一体どこまで行くんだろう?」

 

夜の闇にメンバー四人を乗せたバンドワゴンは吸い込まれていく。

 

ヘッドライトの灯りを頼りに暗闇を無闇に走っている。

 

街灯はぐるぐると同じ感覚で続いている。
まるで、どこまでも続くまーるい暗闇の中を走っているようだ。

 


夏に始まったツアーも、ぐるぐると各地を周って、とうとう終盤に差し掛かっている。

色々な箇所へ行った。

 

もちろんツアー中にはライブだけではなく、沢山の物事が移り変わっていった。

 

4月からやっていたラジオが終了し、新たなことも始まっていく。

 

沢山のことを同時進行で進めていた九州編では、今まで以上に体力を擦り減らした。

 

道中、何度も病院へ行っては、自分の保険証の住所が東京になってることで、そうだ、自分は東京都民だったんだ、と再確認した。

 


10/8(いよいよ明日)からワンマンシリーズが始まる。

 

今回のツアーでは過去最多の全5箇所でワンマンを打った。

というのも約3年ぶりにフルアルバムをリリースしたから だ。どの会場も「賭け」。

これは今のDroogにとっては大きな賭けで、勝てば成功するかもしれないという4都市、5箇所。
今の俺たちの精いっぱい。

 

売れてるバンドからしたら、小さなライブハウスばかりかもしれない。

 

でも俺たちみたいなバンドには、この壁はとてつもなく厚く、高く、感じる。

 

精いっぱいに立ちはだかる壁。
ミニアルバムや、シングル、映像作品だったらこんなにワンマンは打たなかったかもしれない。

 

ただ、フルアルバムに収録されてる多くの曲をライブで演りたい、聴いてほしいという気持ちと、昔の曲も含めて改めて今のDroogというバンドがどういうバンドか、ということを知って欲しかった。言ってみればベスト盤のようなライブを開催したかった。

 

 

今回の「命題」というアルバムを作った経緯を表現するには、昔の曲も演る必要があった。

 

ワンマンライブ、これはバンドにとって、とても贅沢なことだと思う。対バンと違って持ち時間がたっぷりとあって、好きなことを限りなくやれる。
そんな思いで開催を決めたワンマンシリーズ。

 

地元の大分から始まり、福岡、大阪、下北、渋谷と周っていく。
これ、もう正直、負けられない戦い。

 

 

今のDroogを見てほしい。
欲をいうなら知ってほしい。
もう、ここで駄目なら、駄目だと思う。
それくらいの気持ち。
これが今の俺たちのてっぺん。原点。

このてっぺんを越えなきゃいけないと思ってる。

進まなきゃいけない。

 

それが右でも、左でも、先でも、上でも、下でも、歩みを止めてはならない。

そして、このワンマンシリーズで越えなきゃいけない。

 


 

幼馴染のガキ共でバンドを組んで、大人になって、誰ひとり辞めずに、ここまでバンドが続いてるのが奇跡。
「一体どこまで行くんだろう?」

 

ぐるぐると丸い暗闇にまた吸い込まれながら、それでもバンドは進み続ける。それしかできない。

 

頭が悪いレベルじゃない。
思いっきり馬鹿、なんだ。

 

だったら思いっきり、やろうと思う。

 

 

 

 

カタヤマヒロキ

 


 

 

【Droog / Neon Sign (Live)】

最後まで読んでくれたあなたに。

 

ワンマンシリーズ直前として「Neon Sign」のライブ映像を公開します。少しでもライブのイメージし易くなれば、いいな。

気に入ってくれるかな。

 

imageimageimage

 

 

「命題ツアー」名古屋、京都、岡山編

2016.9/13 岡山にて


命題ツアー9本目は久し振りの岡山ペパーランドへ。

岡山へ着いてすぐに大分県民のソウルフードであるファミレス「ジョイフル」があり、テンションあがる。同じ大分県民で名古屋、京都、岡山と3ヶ所を共にしてるhotspringと入店。

昨日の差し入れで頂いたビール「大分づくり」といい、京都から2ヶ所一緒のthe twentiesといい、どれだけ大分づいてるのか。

写真はそのジョイフルから見えた岡山の景色。

夏の終わりに涼しい風が吹き通ってとても綺麗だった。

 


 

本日の対バンは…
THE PINBALLS
hotspring
the twenties
Morning Erections

全バンド知ってて、仲も良く、またまた濃すぎるメンツ。ライブの様子は…もちろん最高。みんな汗びっしょりだった。酸欠状態が続いてた。

 

今日も含めて、この3日間で分かったこと。

 

それは俺たちにはいい先輩たちがいる、ということと……「これだけ濃いメンツでこれだけバンド数が出ればトリの時にはみんな確実に疲れ切ってる」てこと!お客さんも、出演者も、ライブ見てる俺たちも!!もうみんな疲れてんだよ!!っていう( 笑 )

でも、そこはそれでもちゃんとやらなきゃいけない。敢えて今回の新譜の曲を披露するには逆に良い状態だったのかな、とも思う。

でも時間的に新曲を全曲はやれなかったので、物足りないと感じた人は10/14大阪Pangeaワンマンに是非、来てね。

 


 

とにかくこの命題ツアー、凄い面白いことになってきてます。明後日、いやもう明日だ。明日は札幌へ行きます。

 

ひっさしぶりの札幌。どれだけの人に新譜が届いてるんだろう。とても楽しみ。

 

久しぶりのきみにも会えるかな。

 


 

命題ツアー、まだまだ続きます。

 

2016年9月14日(ツアー約半分を終えて。岡山の帰り道なのか、北海道へ向かう道中なのか、どちらかわからない深夜の高速道路の上より)

カタヤマヒロキ

 

…zzz

 

 

「命題」超個人的全曲解説

2015年8月某日 別府にて

今年の4月にレコーディングをしたアルバム「命題」がようやく作品として形になった。リリース前日の今日、早いところではもう店頭に並んでいる。

今、僕がなにをしてるかというとまた九州にいる。九州から東京への帰路につくところだ。

「ふと」気付いたことだが、いつもこのブログを更新する時は、なにかの「帰り道」だった。

きっと帰り道はどこか寂しくて、楽しかった出来事を思い出しては、なにか記録に残したいという心情になるのだと思う。


「Droog / 命題」8/3 release!
「命題」

今回リリースされるアルバム「命題」を自分たちで何度も繰り返し聴いていて、どこかもの悲しさを感じることが多々あった。

それは作った際の心境や、ここ数年の状況が反映されているからなのだが、きっとこのアルバムは「帰り道」と相性がものすごく良いのだと気が付いた。

あなたが1人でも、家族でも、友達でも、恋人でも、誰かと、どこかへ行った「帰り道」に聴いてみて欲しい。相性の良さは約束できる。


それを踏まえて今回の「全曲解説」をしてみようと思う。先に言っとくけど、とても長いです。

そして、とても個人的なことまで書いてあるので、自分のイメージを優先したい人は読まないで下さい。
それでも・・って人はアルバム「命題」を聴きながら読んでくれたら嬉しいです。

よし、いくか!


【#1】「終点」

オープニング・トラック。再生ボタンを押したらブレスから始まり、全員の音がいっぺんに出る。
『蜂のように刺す何度でも / 終点まで 道づれさ』というワードで始まります。
「蜂のように刺す」とはご存知、「モハメド・アリ」オマージュです。

作詞後に、訃報を知り、非常に驚き、悲しかったです。

話を戻すと、この曲は特に歌う事を意識して作りました。
まるで椎名林檎が歌ってもおかしくないようなメロディックで色気のある1曲が完成しました。

「終点」というタイトルが浮かんだ時からリード曲になりそうだなとなんとなく思っていました。

「終点」 MV


【#2】「夜明け前」

鍵盤を使用し、新たなDroogの道すじを照らすような1曲です。

ぶっちゃけると、もちろん「My Way」リスペクトです。
アルバムの最後の曲にしようかと思っていましたが、「終点(終わり)からはじまる」という今回のテーマにも沿って2曲目に持ってきました。

歌詞は現代の言葉とは思えないような古臭さを出すのに意識しました。歌詞においては80’sジャパニーズロックの影響が色濃く出ています。


【#3】「血まみれでも きみは美しい」

きっとこの曲ができた事によって「歌う」ということが自分の中で開けてきたのだと思います。今までにない、歌い方にチャレンジした1曲です。

タイトルの「血まみれ〜」とはデビルマンの名シーンより引用しました。漫画史上最大の感動シーンです。

腹に穴が開き頭の翼をもがれたシレーヌという悪魔は絶命寸前。そこに現れるのがカイムという悪魔で「シレーヌ、血まみれでも きみは美しい」と言うのです。そして死を意味する自分の身体を捧げる合体をする。このシーンを見てボロボロと涙が止まりませんでした・・・。
武骨ながらも愛するシレーヌのためなら死さえいとわないカイムの男気にグッときます。


【#4】「TOKYO SUBMARINE」

これぞDroog節な曲。ミュージックビデオも作りました。
東京をテーマとした曲はロックバンドには必須のように思います。

くるりの「東京」しかり、銀杏BOYZ「東京」・・・。挙げてもわかるように名曲が多いです。

自分の中で上京して5年、希望や夢に溢れている東京、ただ、たまに凄く怖くもなる東京、やっと東京についての曲が書けました。
これが今Droogが感じている「東京」です。

ミュージックビデオでは「東京=都会」のシティ感や、窮屈な潜水艦をテーマに映像をその場で映し出すという新たな手法にもチャレンジしています。youtubeにあるので是非とも見てほしいです。

「TOKYO SUBMARINE」 MV


【#5】「Loser」

今までは出せなかったメロディを出した1曲です。

今まではいいメロディがあってもどこか恥ずかしいような、照れくさいような気持ちがあり、ストレートに歌うことができませんでしたが、今回は一切のブレーキをかけずにいいと思ったものを全て出し切りました。

レコーディングではボーカルに独特のエフェクトをかけて録音しており、その点もこだわったポイントのひとつです。


【#6】「B級ブギー」

この曲もDroogが得意とするタイプです。
色でいったら「青」。

B級ブギーなどと言っておきながら、非常に王道なブギーリズムでスタジオでセッションしながら作っていきました。

歌詞も、言葉をなるべく詰めて、言葉数を多くして、できるだけ冷静に、そして冷たく意識して歌いました。
きっとその方がこの曲の良さが出るだろうなと思っていたからです。

ざわついた日常の中で、ふとしらけてしまう瞬間ってありませんか?そんな一瞬に対して、「そうじゃないだろ、もっと熱くなれよ」と思う自分と、冷めてしまった自分が葛藤してる空気感が出せればいいなと思って作りました。


【#7】「オールド・ロマンス」

この曲も今までのDroogにはないタイプのミドルテンポのメロディ、ノリ重視な曲です。

作っている際に意識していたのは曲でいうと「Heat Wave」、バンドでいうと「THE ROOSTERS」です。九州の血が流れている1曲だと思います。

自分の声が元々嫌いで、だからわざとガラガラ声で歌ってみたり、叫んで声質を変えるということをしてきましたが、自分の持っている声と、向き合うことによって、キチンと自分の声の弱点、好きな点も理解することができてきました。

その上で何物でもなく、自分自身の声、というものを意識して歌いました。もし自分が映画を撮るとしたらエンドロールで流したいくらいのエンド感満載な雰囲気に仕上がったと思います。弾き語りで歌ってもとても気持ちのいい曲です。


【#8】「晩夏のブルース」

今回のアルバム全曲に言えることですが、ここ数年のTHE YELLOW MONKEYとの出会いが大きかったです。完全に後追いですが、今では大ファンです(笑)

「晩夏(ばんか)」とは夏の終わりを示す言葉で、実はこの曲を作っていた時にデヴィット・ボウイの訃報を受けました。そこで「晩夏 & 挽歌=死者への歌」というダブルミーニングにしました。


【#9】「こわれても」

Droog初のスローテンポなバラードです。

ずっとバラードを作ればと色々な人から言われていて、それでも今までのDroogでは消化することができませんでした。でも、このタイミングで出来たのはきっとバンドがバラードを歌う覚悟が出来たからだと思います。

なるべく静かに、「静」を意識しながらも、感情的に歌おうと決めていました。

Droogにとっての初バラード、まさに「帰り道に聴いて欲しい」曲です。
イメージとして、このアルバムはここ9曲目で一旦区切りがつきます。

そして、最後の「命題」という曲で、「これから」を歌います。


【#10】「命題」

アルバムタイトルにもなっているこの曲で「生」と「死」、「出会い」と「別れ」、それでも自分らがどうやって生きていくのかを歌いました。決意表明のような意味合いです。

実はこの曲のタイトルだけ最後まで決まらず、レコーディングが終わって「命題」と名付けました。

「命題」 MV

仮タイトルは「ロックバンド」だった。

何故この時代にロックバンドを選択して、やっているのか。そしてそれを受け止めてくれる人がいる。きっとそれら全てに意味があると思うのです。

大袈裟だけど、僕らにとっての命題が「バンド」であり「ライブ」であり「ロック」なのです。

人生の中で何かひとつだけでも命を掛けてやってみたい、そんな思いでこの作品を作っていきました。と言っても、それはあくまでこちら側の話、作り手の個人的な話であって、リリースされたらもうあなた達のものです。

どう聴いてもらっても、どう受け止めてもらっても構いません。


長々と全曲解説をするにあたって、ここまで作り手の個人的な意図や思いを説明するのはどうかと悩みました。リスナー側からすると、そんなこと知ったこっちゃあないし、知らない方が良い場合だってあります。

ただひとりでも多くの人に聴いて欲しい、興味のない人に少しでも興味を持ってもらえれば幸いとと思い、僕の拙い文ですが今回のアルバムについて長々と書きました。

でも、もしこの作品を気に入ってもらえて、ライブハウスに来てもらえれば、これ以上の幸せはないです。

長文にお付き合いいただきどうもありがとうございました。


「命題」

1人でも多くの人に届くことを願って。
2016年8月2日(蝉時雨に降られる午後に)
カタヤマヒロキ